自分の運勢を占おう|九星気学について詳しく解説

九星と干支と五行

性格や相性がわかる

占い師

占いにも様々な種類がありますが、九星気学も人気の高い占術のひとつです。これは生年月日や干支、さらに五行を組み合わせて占うのが特徴的で、その人の性格や気になる人との相性を知るのに役立ってくれます。一般的に東洋占星術と呼ばれていますが、九星は惑星ではなく易の八卦から来ています。九星気学は9つのパターンが用意されていますので、わかりやすいのも特徴的です。人気の高い西洋占星術や四柱推命でも相性占いができますが、この場合は相手の生年月日がわかっている必要があります。その点、九星気学は生まれた年がわかっていれば相性をチェックできるのがメリットです。生まれた年が聞きづらい場合も干支がわかっていれば相手の性格を知り、相性を診断することもできます。恋愛での相性だけではなく、ビジネス面での相性など様々な場面で活用することができます。九星気学では、まずは本命星を知ることが大事ですので、早見表などを活用して調べてみましょう。インターネットでも生まれた年を入力するだけで手軽に本命星を知ることができるサービスもあります。さらに九星気学では吉方位を知ることができるのも便利です。良い方位がわかるだけではなく、いつその場所に行けば良いのかを占うこともできます。九星気学は書籍などを参考に占ってみるのも良いですし、インターネットの無料占いも気軽に利用できるので便利です。より詳しく性格を知りたい、相手との相性を判断したいのであればプロの占いを活用してみることもおすすめです。

いつまでも仲良い二人で

占い

「倦怠期」という言葉を聞いたことありますか。結婚していてもカップルであっても、必ずといって良いほど倦怠期が訪れます。この時期を乗り越えるにはどうすれば良いのでしょうか。倦怠期とは簡単に言えば「相手に飽きて嫌になる時期」のことです。一般的に恋愛とは「ドーパミン」という脳内物質が、大量に分泌されることで起きる脳の錯覚と言われています。しかし「ドーパミン」を大量に分泌することは、体にとって負担となります。「ドーパミン」が続く期間が約3年ほどなのです。その期間は脳が錯覚を起こしていて、恋愛状態となっているのです。そのため分泌が終わると共に、気持ちに変化が起こりやすく倦怠期の確率が高くなるのです。倦怠期の時期は、相手に嫌悪感を感じたり、ちょっとしたことが許せなかったり、気持ち的にもツラい時期です。長い期間、同じパートナーと居ると色んなことが当たり前になります。身なりを気にしなくなり、異性としての魅力も感じない。最初はあんなに好きだったはずなのにというもどかしさもあります。倦怠期かもと感じたら、こんなことをすれば効果的です。「相手の良いところを見るように心がける」「感謝の気持ちを持ち、相手を思いやる」倦怠期だからこそ、パートナーの大切さを考えることが大事です。新婚や付き合い始めにどんなにラブラブでも、倦怠期が訪れることがあります。上手く乗り越えることが出来れば、今まで以上に二人の絆が深くなりますよ。今のパートナーとずっと一緒に居たいと思うならば、ぜひ克服してください。

蟠りが消える相談

悩む人

コツコツと毎日努力して昼夜頑張っているのに、それが報われない時、どんな気持ちになるでしょうか。「努力しても時間の無駄」と簡単に片付ける人もいるかもしれません。また、そんな仕事辞めれば済むこと、と思いきる人もいます。しかし、そう簡単に片付けられないことが多く、大半の人はその状況の中で我慢して生きています。今の世の中、仕事に悩みを持ちながら生きている人は大変多く存在しています。報われない、何をしても否定される、などそのような時期があまりにも続くのであれば、今の職場を見直すことも大切です。それならば、いつ仕事を変えればよいのか、どのような仕事が合っているのかは占いを利用すると分かります。占い師は、人の心を読む能力があります。その人が持っている気質、性格を読み取ることができるので、占うことで良い道が開けるかもしれません。また、今の仕事で長年認められない場合には、他の良い道へ進むためのアドバイスもしてくれます。長年、同じ思いが続くのであれば、占い師は、今の会社よりも、全うな会社を見つけることを進められる可能性もあります。また、自分にとってその仕事は向いているのかなども占い師はみてくれます。仕事に対して毎日が辛いと感じる方は、占いのサイトを上手く活用することで難題が解決される場合もあります。サイトでは、電話占いが紹介されています。電話をかけることで占い師と直接相談することができます。今持っている仕事の悩みを相談できるので長年の蟠りが消えます。