自分の運勢を占おう|九星気学について詳しく解説

便利に占いができる

まずは気軽に

女性

2017年の運勢を占いたいなと思った時に、人それぞれ信じている占いや興味のある占いの種類があると思います。一番オーソドックスなものであれば、誕生月や星座などで運勢を占うことができるものだと思います。最近ではインターネットなどで簡単に運勢を占うことができるので、とても便利です。もう少し本格的なものになってくると、タロットカードであったり四柱推命であったり、手相占いなどもあります。とにかくたくさんの占い方法があるので、まずはとにかく自分が興味のある占いを信じるといいと思います。それぞれ相性というものもあるので、占いの種類やあとは占いをしてくれる方との相性などで、選べばいいと思います。2017年の運勢などは、わりと雑誌などにも記載されていたり、2017年のそれぞれの運勢が記載されている本なども多々あるので、気軽に始めたい方はそのような書籍から入ってみるのもオススメです。それだけでも、なんとなく前向きになれたりするものです。それから、占い師さんに直接占ってもらうのも、なんとなくハードルが高いなと思っている方はまず、ショッピングモールなどの一角でやっている占いのお店などへ行ってショッピングのついでに2017年の運勢について占ってもらうなど、気軽にやってみるといいです。最近はどこにでもあるの本当に気軽に占いができるようになっています。もっと本格的なものになってくると、直接占い師の方にメールなどをしてやりとりするのもオススメです。

生年月日から全てが分かる

考える人

九星気学は、生年月日によって性格や相性を判断していく占いです。人は生まれた年月日から性格や人生の宿命が決まると九星気学では言われており、自分に対して客観的に見直せるメリットがあります。また、人との相性も九星気学で良い悪いが分かるため、人間関係における対策ができます。九星気学の根本となるものは、九星と干支、そして五行の組み合わせです。干支が分かれば九星からその人の星が分かり、その星の特徴から性格が判断できるようになっています。四柱推命と似たところがありますが、四柱推命の場合は出生時間までが判断されます。しかし、九星気学は出生時間は必要なく、生まれた年が分かるだけでもだいたいが判断できるのです。九星気学で性格や相性を判断するには、早見表を見ていくとすぐに自分の星が分かります。その星から自分の本質や相性を探る手段にも使えるため、早見表はとても便利です。この早見表は、ネットからでも自由に見ていくことができます。気になる相手の生年月日が分かれば、これを使って判断できるので、相手との付き合い方が分かるようになります。ただし、九星気学では1年の始まりは立春からとされています。立春は中国の旧正月とされており、立春から始まって前日の節分の日までが1年と読み取っているのです。そのため、1月1日から2月3日までに生まれた人は、前年の星を見ていかなければいけません。ここを間違えてしまうと正確な判断ができなくなるため、注意する必要があります。

解決策の有無でセレクト

祈り

倦怠期は、恋愛中のカップルにとって乗り越えるべき課題の1つです。倦怠期の時期は、特に女性は不安に感じることが多くなります。要らぬ想像をすると、状況をさらに悪く捉えてしまう可能性があるため、自分だけで悩むことは避けた方が無難です。占いなどを活用すると、解決のためにとるべき行動が見えてきます。交際中のカップルを対象にした占いは、非常に種類が豊富です。倦怠期の参考にするためには、出来るだけ明確な解決方法を提示する占いを見つけることが必要です。漠然とした心理状態や現状などを比較的正確に教えてくれるのが、例えばカードを使った占いです。カード占いでは、ピックアップしたカードによって結果を占いますので、その時の状況に即したアドバイスが得られます。このようなカード占いを選ぶ時は、詳しい解説が付されているかどうかが決め手です。単純な回答を当事者が自身で解釈する必要があると、時に間違った結論を導き出してしまうことがあります。プロのようなトレーニングを受けていない素人が占う場合は、解説の内容を見て選ぶようにすると確かです。ネガティブな結果が出たとしても、解説の部分で適切なフォローがされていれば占いの結果を倦怠期の打開に生かしていくことが出来ます。ですので、解説の展開の仕方にも気を配って、信頼出来る占いを見つけていくのがおすすめの探し方です。ホームページなどを利用する時は、運営者のスタンスなども重要です。